HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年2月

ブログ 2016年2月

全面ホールドチェンジによる臨時休業のお知らせ

Ever Free Climbing Gymは28日閉店後より
全面ホールドチェンジを実施致します。
そのため下記日程にて臨時休業が入ります
 
  2/29(月) お休み
 3/1 (火)   お休み
 3/2(水)  18:00~OPEN

皆様お間違えの無い様よろしくお願い致します。

今回新規投入のホールド達をチラッと紹介

クライミングホールド.jpg

新セットをお楽しみに!

2月マンスリーコンペ"Over The Limit"リザルト

お待たせ致しました
2月マンスリーコンペ”Over The Limit”のリザルトになります。

約1ヶ月開催のイベントでしたが
出来ない課題を粘り強く一つ一つ取り組んでいく姿は
皆さん正にクライマーでした。
中にはイベント前に簡単に登れてたのに、再登が出来なくなってる
なんていうあるあるネタに陥っている方もいましたね。。。

1ヶ月間登り込んだ実感のある方は、自分の進歩にも少なからず気づきがある事と思います。
リザルトに関してもそれが大いに形となった印象でもあります。

さて、コンペ景品に関してですが
事前の告知通りEver Free のジムTシャツ★限定カラーVer
今回は上位5名の方に贈呈させて頂きます。

※完成は3月半ば頃の予定ですが
  勝手ながら、景品引き渡しは4月末までと期限を設けさせて頂きます。

Over The Limitリザルト.jpg

ボルダリングパッド(クラッシュパッド)

◆asana  ヒーロー・ハイボール(カモフラージュVer)
ヒーロー ハイボール グレー.jpgasanaの人気モデル。
2.5㎝クローズドセル+7.5㎝オープンセルの2層構造。
10㎝の厚さで大抵の高い落下にも耐えるハイボール対応。
手軽な大きさで、2層10cmなのに軽量でアプローチも軽快!!

サイズ/120×90×10cm
フォーム/2層構造、7.5cmオープンセル+2.5cmクローズドセル
重量:約5.4kg





ヒーロー ハイボール グレー 裏.jpg
こちらはそんなヒーロー・ハイボールの数量限定モデル/カモフラージュVer。荷物を挟める大きな上下フラップ、使い勝手抜群の丈夫な金属バックル、高さ調整可能なショルダーストラップ等の充実装備は従来通り。
売り切れ必至の限定版、お早めにキープをお勧めします。

カラーは写真のグレーの他ターコイズ・オレンジの3種

店頭にて販売中
38,000円(税別)
⇒只今SALE中 30,400円(税別)





◆evolv マーベリック
マーベリック ライムjpg使い勝手の良い定番サイズで、細部まで使いやすさを考えた機能が満載。
収納は折り畳んで2箇所のストラップを留めるだけのシンプル構造。

サイズ/100×122×10cm
フォーム/2層構造、7.5cmオープンセル+2.5cmクローズドセル
重量/約5.5kg





マーベリック ライム 裏.jpg






地面側4隅には滑り止めのラバーカバー
着地面にシューズ・ソールの汚れを落とす為のカーペット生地
細かな配慮が成された完成度の高い一品です。

カラーは写真のライムは旧モデルとなり
現在のストックはオーシャンブルーとレッドの2種

店頭にて販売中
32,000円(税別)
⇒只今SALE中 25,600円(税別)

2/27(土) プチコンペ中止のお知らせ

今回は大変残念なお知らせとなってしまいますが
先日告知致しました2/27(土)19:30~のプチコンペを
急遽中止する事となりました。

全面ホールドチェンジを前にウォールの一部にメンテナンスが
必要となったため、27日の営業後に実施を致します。

そのため、既にエントリーを頂いておりました方々
エントリーを検討頂いていた方々には大変申し訳ございませんが
27日営業後に予定しておりましたコンペを中止せざるをえなくなってしまいました。

コンペにつきましては今後も企画をして参りますので
次の機会に是非ご参加を頂きたく思います。
何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

尚、メンテナンスは夜間の実施となりますので
コンペのため19時閉店と短縮予定であった営業時間は
通常通り21時までと致しますので普段と変わらずご利用頂けます。
フクロウ 謝罪.jpg



クライミングシューズ

◆チーム5.10
チーム5.10①.jpg【ファイブテンが作り上げた究極のシューズ】

高難度のボルダリング、スポートクライミング、そしてワールドカップなどコンペティションを舞台に最高のパフォーマンスを発揮する為の究極のシューズ。
世界最高レベルの「ステルスハイフリクションソール 3.5mm」を搭載。

正確にホールドを捉える足裏感覚は抜群で、甲部分を覆うアッパーラバーの剛性により体幹から発生する力を逃さずフットホールドに伝達。ファイブテンらしい柔らかでダイレクトな足裏感覚が素晴らしい。

チーム5.10②.jpg

ここぞという時の一足に!!
本気シューズとしてあらゆる場面でサポートしてくれます。

店頭にて販売中
21,600円(税込)







◆ブラックウィングLV
ブラックウィングLV.jpg
ベルクロクロージャーシステムを採用したドラゴンラストモデルです。ダウントウシェイプと、最高のフリクション性能を誇るハイフリクションソールが、強力なかき込み力を発揮。足指上部を覆うランドラバー形状は指先をサポートし、つま先への入力を逃しません。
また、履き口がくるぶしに当たらないよう低く抑えた構造で、ヒールカップもコンパクトになったローボリュームな作り。強い傾斜でも足の切れない登りを目指す女性はもちろん、 足型が細めの男性にも最適なモデルです。



ブラックウィングLV②.jpg

傾斜でガシガシがんばりたい女性には強い味方!
ハイフリクションラバーの感動を体験してください。

店頭にて販売中
21,600円(税込)






◆モカシムオンサイト
モカシムオンサイト.jpg
モカシムのベルクロバージョン。ヒールフック時の安定性と指先周りの剛性を高め、エッジングが強化されています。
オールラウンドなクライミングスタイルに対応できるモデルです。









モカシムオンサイト②.jpg


根強い人気のザ・オールラウンド。
レザーのアッパーは、どんな足にもフィットしてくれます
クセの無いニュートラルな感覚で履ける一足。


店頭にて販売中
15,120円(税込)

クライミングあるある小ネタ。ホールドチェンジ&プチコンペ

こんにちは。


僕です。



久しぶりなのでお忘れかもしれませんが、僕です。




そう。




シモンです。




たまに言われますが「シモン」



これ本名デスヨ。



ちなみに下の名前デスヨ。



国産100%の日本人デスヨ。






皆様ボルダリング、クライミングを続けているとついやってしまう行動、思考などあると思います。


僕の独断と偏見で勝手に初級編、中級編、上級編にまとめてみたりしました(あくまで個人的感想ですのであしからず)





初級編

・ジムに行くのが1人だと不安になっちゃう。

・空いてるといいな~。なんだったら誰もいないといいな~って思っちゃう。

・上手な人にみとれちゃう。

・飛んでる人にもみとれちゃう。

・うまい人って、みんなアルフォート食べるんだって勝手に決めつけちゃう。

・いつか「ガンバ」って自然に言いたい。

・「ガンバ」って言うのなら私は「レ」までつけたい。

・おしゃれスポーツなのに案外しんどい

・と言うか、めっちゃしんどい。

・と言うか、しんどすぎて帰りたい。

・疲れて帰ろうとすると「早いっすね」って言われちゃう。

・まずはオスマン。






中級編

・他のジムに行ってみようと、ネットで調べたら案外沢山ジムある事に驚く。

・沢山ありすぎて迷走しちゃう。

・初めてのジムだとやはり不安になる。

・いつも5級は出来るのに、他のジムだと出来ないことに驚く。

・なんだったら6級で落ちる。

・体型変わりましたねって言われるとテンションが上がる。

・体型変わったのに、体重減ってないことに驚く。

・中級者の登竜門はオスマン。

・電車のつり革をオープンで持ち出す。

・突起物を見ると触りたくなる。

・その突起物をカチかガバか確認する。

・そのままルート妄想してオブザベしちゃう。

・ついに「ガンバ」って言っちゃう。

・なんだったら、クライミング以外でも「ガンバ」って言っちゃう。

・「ナイス!」は言えない。

・「カモン!」も無理。

・帽子をかぶりだす。

・旅行にいったら現地のジムを探しちゃう。

・土日はクライミング。

・デートもクライミング

・クライミングのやりすぎで彼女、彼氏と別れる。

・タンパク質を意識するようになる。

・指輪が入らない。

・シャツも入らない。

・シャツが破けだす。

・でも普段靴がブカブカになりだす。

・普段靴もせめちゃう。

・クライミングウェアが高すぎてユニクロに走る。

・人に教えたくなる。

・マンション見ると登れると思っちゃう。

・3日以上レストすると不安になる。

・マットに足が擦っても気づかれていないと思って登るけど、結構みんな気が付いてる。

・他の人が登っている時に、指定ホールド以外踏んでるな~って心の中で思う。

・自分が登ってる時も違うホールド触っちゃって葛藤する。

・なんだったら、踏んでるのにごまかしちゃう。

・ポッチャリだと思う人が世間一般だとやせ形。

・女性の私服と登る時の格好のギャップに萌える。

・3級の壁を感じて泣きそうになる。

・2級で泣く。

・1級に至っては涙などすでに枯れてて泣かない。






上級編

・スラブ垂壁が苦手になりだす。

・苦手を通り越して嫌い。

・アップでキャンパとかやりだす。

・アップでキャンパしすぎてバテる。

・初心者さんに「すごーい!」って言われるから張り切る。

・結果その日全く登れなくなる。

・挙句にどっか痛める。

・カップ麺の頻度が増える。

・仲間の完登を素直に喜べなくなる。

・なんだったら落ちろって思っちゃう。

・その後自分が登っちゃって気まずい雰囲気になる。

・プライベートでの会話の例えがクライミング用語になる。

・セッションが割と修羅場。

・オスマンを超える。

・ミネくんは超えられない。

・シモンはある意味超えたくない。

・タニちゃんは超えたらダメな気がする。

・飲み物の色がおかしい。

・筋肉痛が来ない。

・筋肉痛になるとうれしい。

・タッチパネルが反応しにくくなる。

・指紋認証はもはや無理。

・鼻毛が伸びやすくなる。

・ジム帰りの鼻水が黒い。

・災害が起きても生きていける装備が揃いだす。

・「カモン、ナイス」が言えるようになる。

・むしろ「カモン」を通り越して「カモ~ン」に変換する。

・他の人が惜しい!と言っているのを聞いて心の中で「惜しくないだろ」ってわかっちゃう。

・クライミングあるあるを下ネタと合体させたがる。(中級者共通)

・興味が男性に移りだす。

・コンペに向かう途中、クライマーと普通の人の見分けがつく。

・その人について行って道を調べなくても会場に到着する事が出来るようになる。

・電車のつり革を1本指で持ち出す。

・冬なのにタンクトップ。

・「とよた」と聞いても車の方は思い浮かばない。

・長野を近いと思いだす。

・オスマンとの会話が減る。






以上あったりなかったり。







さてさて、今月末の予定ですが。

2月27日にプチコンペを行います。(ごめんなさい、中止となりました。)

その後2月29日、3月1日でホールドチェンジを行います。
3月2日の営業時間は18時よりオープンになります。


ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

2月27日のコンペ詳細は後日イベント欄にて告知させて頂きます。




では、良いクライミングライフを!


1

« 2016年1月 | メインページ | アーカイブ | 2016年3月 »

このページのトップへ