HOME > ブログ

ブログ

ボルダリングで嫌われない為のマナー、ルール。

こんにちは、シモンです。


久しぶりの投稿になります。


この頃はといいますと、今更ながらにDEATH NOTE』何ぞを読んでいまして。




そうです。


寝不足ですね。



「いい大人が!」


って思った方もいるとは思います。




「子供は出来ない大人の特権~ 昔~読んでたバイブル学研っ!
渋すぎ、ダンディー、渡辺謙~♬  YoYo~♬」




さてさて、
DEATH NOTE


ノートに名前書かれたら死んでしまうと言う物で、どう死んでしまうかも指定できるみたいです。

本編では死神のノートとして良いものとしては扱われていません。

しかし、物は使いよう。


僕は谷ちゃんにお願いして、



「シモンは明日より人生すこぶる順調、クライミングがすっげー強くなって、健康かつ幸せに100歳まで生きて、孫や子共にみとられて、苦しむことなく幸せな人生に幕を閉じる」

って書いてもらいます。

デスノート
宝くじが当たる!って追記しようかしら・・・


長くなりましたが、本題へ。






ブームにより、ボルダリングを始める方が増えてきました。

ジム経営側としても、ボルダリング好きとしても大変喜ばしい事です。


しかし、ブームなどになると少なからず弊害も出てきます。

まだ流行る前、ボルダリングを普及しようと懸命になってくださっていた先人、レジェンドの方々は安全面のルール、マナー等考えてくださっています。

しかしながら、爆発的な人気により、きちんとした安全面のルールや、登るときのルールなど、がおろそかになりつつあるのも事実かと思います。


ここで初心者さんに守ってもらいたい、ルールやマナーについて。



【初心者編】

1、登る前に必ず周りを確認する事!

ボルダリングで一番大切なことです。

当たり前なことの様で、守られていない事が多いです。


自分が登りたい一心で、先に登っている
クライマーの下に入る等、言語道断です。

懸命に何日も打ち込んでいて、やっとゴールできるかもしれない上級者さんが、下に初心者さんに入られてやむなく降りて「イラッ」っとしている姿を見ます。
その上級者さんが何日、もしかしたら数か月頑張っている事もあるのです。マナー、配慮、ルールとして守りましょう。

その方が終わった後でも課題は残っています。




2、オブザベーションの徹底。

これも最初に教わる事ですが、オブザベしない初心者さんが多いのも事実です。

「登るため」以外にも、「他人とコースが被らないかを確認する」という意味もあります。

オブザベしていない初心者さんが登り始めて、先にトライしていた経験者さんが気を使って降りてくれた。そんなシーンをよく見ます。

これは安全面に関する事も含まれています。ホールドがどこか分からずトライするのは危険ですし登れません。
登っている最中に「次どこ~?」と聞いているうちはオブザベ不足です。




3、連登をしない、壁を占有しない。

仲間内で楽しくなってしまい、壁を占有していたりしませんか?これは上級者さん、常連さんにも言える事です。

あと少しで取れそうだから、もう一回!

気持ちはわかりますが、冷静なって周りを見てみましょう。待っている人はいませんか?

そんな時に壁の占有をしていたりしませんか?

常連になってくると、仲間も増えて輪が出来ます。これ自体は問題ありません。


一人で来ている人は、仲間内で盛り上がっている場所には行きにくいものです。

楽しむのは大いに良い事ですが、順番を譲るなどちょっとした気遣いで他の方も気持ちよく登れますし、いいコミュニケーションにもなります。




4、チョークをちゃんと使いましょう。

ボルダリングで使用する、チョーク。

チョークは滑り止めとされていますが、「正確には汗を吸ってくれる」です。

初心者さんにありがちなのが、バックの中のボールを外に出して使っている方がいますがNGです。

手を中に入れて、手の平につけましょう。

中にはチョークを使わない、節約して借りない人もいます。

初心者さんは比較的壁にとりついている時間が長く、手も汗まみれになってしまい挙句にホールドを汗まみれにしてしまう。なんて事も。

その後に同じ課題をトライされる方にとって、その汗まみれのホールドを持った時の戦慄感は、計り知れないものがあります。

ホールドを汗まみれにしないためにもチョークは使いましょう。使ってもホールドが汗まみれになってしまった場合は、マナーとしてブラッシングしましょう。




ボルダリングだけではなく、どのスポーツにもルールやマナーはあります。

お互いの配慮やちょっとした気遣いで、気持ちよく楽しめるものです。


経験者さんは初心者さんを温かい目で見守ってあげる。時には教えてあげる事も。
初心者さんはただでさえ不安で、ルールやマナーもよくわかりません。


初心者さんもルールやマナーが分からない時にはスタッフさんに聞いてみましょう。
経験者さんに聞くのも良いでしょう。クライマーさん優しい人多いですよ。




お互い少しの心遣いで、仲良く楽しく。コミュニケーション取っていきたいものですね。




では。

良いクライミングライフを!



【2017/8~】利用料金改定のお知らせ

お客様各位

平素は、当ジムをご利用頂き誠にありがとうございます。

さて掲題の通りですが、本日2017年8月1日より利用料金の改定を致します。
唐突ではありますが多くの方にとっては朗報となるであろう改定です。

主な変更点としては

・レディース料金およびパス料金の新設定
・昼割および昼バスの時間枠の拡張
・メンズ料金割引時間枠の拡張


料金表.jpg

今後とも、Ever Free Climbing Gymをよろしくお願い致します。

【7/22(土)】営業時間変更のお知らせ

7/22(土)は、午前貸切利用に伴い営業時間が変更となります。

通常営業は OPEN 13:00~ CLOSE 21:00
となりますのでご注意ください。


ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い致します。

Play Out Comp!その後

先日行われました、Play Out Comp
参加頂いた選手は大変お疲れさまでした。
今回も沢山の選手に参加頂き、大熱戦が繰り広げられました。
緊張で登れなかった方、いつも以上の力を発揮した方様々でしたね。
登る力のみで順位が付かないのがコンペの特徴
メンタル・集中力・戦略さまざまな要素が絡まり合います
実力に差はない様でも、決勝の舞台に立つ人立てなかった人では
明確に違いがあるのです。正に勝つべく人が勝つ弱肉強食の世界…
次のコンペ開催は11月予定の3周年Ever Free UNLIMITED
それまでに皆さん更に爪を研いでおいてください。

PlayOutCompのリザルト詳細等は近日UPしますので少々お待ちください。

さて、コンペの課題については一部修正を加えつつ
通常の課題テープへ変換しておりますので
残念ながら参加出来なかった方々も現行セットへの追加課題としてお楽しみいただけます。

尚、準決勝・決勝課題については期間限定でそのまま残しております。
オンサイトトライで疑似決勝体験をしてみては如何でしょうか?

ご来店お待ちしてまーす。

弱肉強食




7/15(土)PlayOutCompエントリー状況

多数のエントリーありがとうございます
こちらにエントリーリストをUP・更新していきますので
参加選手の方はご確認をお願い致します。

記載に誤りがある、申し込んだ筈なのに名前が無いという方がいらっしゃったら
お手数ですがお電話(03-5332-5122)もしくはお問い合わせページよりご連絡ください。

◆Play Out Competition エントリーリスト 敬称略
 (UPDATE : 7月12日 17:00)


●ファンクラス(RP:5~4級)まだまだ空きがございます。
1.石原 俊太郎
2.篠原 克朋
3.川野 雄一
4.双木 一眞
5.松本 淳
6.永澤 祥太
7.渡邉 宏一郎

8.CHAY LYN LYN


●ミドルクラス(RP:4~3級)
1.田中 厚志
2.松尾 隆久
3.鈴木 嵩史 キャンセル
3.金山 浩平
4.オスマン
5.末松 裕司 ⇒申告RPによりマスターに変更としました。
5.山田 龍錫
6.大島 嘉浩 ⇒申告RPによりマスターに変更としました。
6.飛塚 俊
7.松下 勝史
8.後藤 史彦
9.TECC嶋田
10.須合 徹
11.内山 隼人
12.細井 拓弥 キャンセル
12.チャンプ小松
13.なっちゃん
14.内木 智
15.田辺 良一


●レディースクラス(RP:5~3級 ※女性限定)
1.倉本 琴美
2.Chihiro
3.甲村 茜
4.AI
5.チップ
6.鈴木 礼 キャンセル
7.伊藤 美香
8.神谷 汐里
9.柚木 しおり
10.はなみずき


●マスタークラス(RP:3~2級)定員拡張しました。
1.大塚 紀孝
2.小谷 博人
3.黒木 峻
4.三ケ田 聡志
5.島崎 岳法
6.萩原 大知 キャンセル
6.Joe
7.飯島 晋
8.大島 嘉浩 ⇐申告RPによりミドルより変更としました。

9.遠山 耀
10.藤倉 成太 キャンセル
10.小菅 裕太
11.社畜クライマー
12.谷津 昌宏
13.テリーマン
14.末松 裕司 ⇐申告RPによりミドルより変更としました。

15.市川 孝次
16.廣川 高久 繰り上げエントリー


※キャンセルについてのご連絡
エントリーをキャンセルする場合、
お電話(03-5332-5122)もしくはお問い合わせページよりご連絡ください。
日程によってはキャンセル代が発生しますのでご注意ください。
・7/12 ~17:00  キャンセル料:なし
・7/12 17:00以降 キャンセル料:参加費の100%(1,500円)


 

Play Out Competitionシード権争奪 景品獲得者!

こんにちは、シモンです。


前回行われていたイベント、シード権争奪戦の景品獲得のご報告です。


皆さま頑張ってトライされていて、もう少しでシード権をゲットできた方も多数いらっしゃいました。

目的をもってトライしていくとボルダリング、クライミングも上達していくことと思います。

ではでは景品獲得者!




まずは【レディースクラス】

エバにもちょくちょくご来店いただいています「礼さん」

シード権獲得者 レディースクラス
コンペの参加率も高く、前回のビギナークラスでは女性では大健闘の2位!
今回のコンペでも盛り上げてくれること期待大!





そして【ファンクラス】

こちらは初めてまだ間もないのですがメキメキ急成長中の「サントス」

サントス ファンクラス
さわやかな笑顔ですがたまに何考えているのかわからない謎男。

帰国子女で英語が喋れる。

イケメンで、頭もよく、クライミングンも上手くって性格も良い。

せめて性格が悪ければ・・・
「天は二物を与えず」て二物どころじゃないYO!

シモンはせめてクライミングだけは負けない様にと思います。

男子でも「帰国子女」というのか?と疑問に思ったことがある方もいますが「子女」とは
むすこ(=子)とむすめ(=女)。子供。「帰国―」。また、女の子という意味みたいです。




【ミドルクラス】は、お仕事がお忙しいようでバックの受け取りに来る事が出来ず・・・・

内山さん!

バックはお渡しできませんが、次回別の形で何かお渡しできればと思っています!
おめでとうございます!





【マスタークラス】
順位ではJYOさんなのですが、諸事情により景品は2位にお渡しする事に。






常連の筋肉ITサラリーマンの「飯島さん」

シード権獲得者 マスタークラス(飯島馬)




じゃなくって。
シード権獲得者 マスタークラス(飯島君)
飯島さんもエバでのコンペは常連で過去には入賞経験もあり。

上位を狙うには「オブザベーション」核心?
ここぞという時の勝負強さがあります。


7月15日Play Out Competition詳細はこちら
現在「マスタークラス」定員に達した為はキャンセル待ち
「レディースクラス」「ミドルクラス」はまだ少し空きがあります。
「ファンクラス」はまだまだ参加出来ます。
エントリー状況



ご参加お待ちしています!

ではでは。

良いクライミングライフを!



【7/2(日)】営業時間変更のお知らせ

7/2(日)は、貸切利用の為、営業時間が変更となります。

通常営業は10:00~19:00、CLOSEが19:00なりますのでご注意ください。

ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。

NEWシューズ入荷のご案内

今回は取り扱いシューズに新規ラインナップが
加わりましたのでご紹介まで。

その名も Drone(ドローン)

MAD ROCKより投入された新鋭です。


一本締めのベルクロスリッパ、足入れは良好です
硬さはミディアムな感じでスメア・エッジ共にバランスよくこなせます。

特筆すべきはフッキング性能でしょうか
トウラバーは広く安定感があり
ヒールはかなり特殊な形状をしていて、使いこなせれば
細かなエッジやなだらかな面にも抜群の掛かりを約束します。

ハイエンドモデルらしくダウントウは結構強めで
傾斜では強烈なかき込み力を発揮してくれることでしょう。

ブルーはHV(ハイボリューム)で幅広め
グリーンのLV(ローボリューム)は細く少し浅め
メンズ / レディースというよりは足型によって選択する感じです。


さらに驚くべきは、ハイエンドモデルというポジションながら
¥16,000(税別)というコストパフォーマンス。


MAD ROCKの最新機能、是非体験してください。

Drone ドローン.JPG

Drone ドローン 比較.JPG

Drone ドローン サイド.JPG  Drone ドローン ヒール.JPG

続・ホールドチェンジの日程

さて、先日一部ウォールのホールドチェンジを行いましたが
残る壁についても同様にチェンジを行いますので日程のご案内。

6/29(木) バルジ(G壁) ホールドチェンジ
7/4(火) 130°壁(E壁) ホールドチェンジ

7/6(木)110°壁(F壁) ホールドチェンジ


作業時間はOPEN~18時頃を予定
当日の作業中は当該ウォールに利用制限が掛かりますので
ご迷惑お掛けしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。



ホールドチェンジ ニューホールド

クライミング、ボルダリングでのスタート

こんにちは、シモンです。


今日は、クライミング、ボルダリングでの「スタート」について。



コンペや岩場、ジムによって少しずつスタートに対してのルールが変わっていて、曖昧な事もしばしば。



基本的な認識としては・・・・

「スタートホールドを両手で保持して、マットから足を離してからスタートです」

上記が認識としては多い事かと思います。





まずここで「保持」とはどういうことか。

「保持」という意味としては


【たもち続ける事】【持っている事】


僕の認識としては「触れていればOK」だったのですが。


IFSCのルールによると、


7.2.5 各ボルダーには明示された以下の開始位置がなければならない。

a) 両手のマーキングされたハンドホールド

b) 随意で片足または両足のマーキングされたフットホールド




7.9.1 各ボルダーでの選手の競技開始は通常以下のとおり:

a) マーキングされたハンドホールドを両手で保持

b) スタートとしてマーキングされたフットホールドがある場合、片足をそのフットホールドの内 の 1 つに置く ボルダーのスタートとして両足のフットホールドがマーキングされている場合、選手はそれ以上の ムーブをおこなう前に、残りの足を残りのフットホールドに置かねばならない。

7.9.2 選手がスターティング・ホールドに地面の上から手が届かない場合、スターティング・ホールドに 跳びついてスタートすることができる。

7.9.3 選手の身体の全てが地面から離れることをもってアテンプトの開始と見なされる。 



「保持」の解釈が難しいところです・・・



「足がマットより離れていなければならない」



これも認識としては皆さんご存知だと思います。
正確には、「スタートホールドに触れて地面より体が離れた時点でスタート」というのが正しいと思います。


なので逆にスタート落ちも、アテンプト1回となるので注意ですね。

この頃ジムによってスタート時に左右のフットホールドを指定している事も。

セッターさんの意図する動きにしてほしい、あるいは地ジャンで飛ばれたりしない様にの措置だとは思います。


こちらもIFSCに載っている事ですが・・・・
走って行ってフットホールドを蹴ってスタートホールドに飛びつくようなスタート。
従来は、必ずフットホー ルドの指定があったが、それが無くなった。このため、足のスタートホールドが指定されていない場合は、ジャンプ後=身体が地 面(マット)から離れた後は、7.9.3 の規定でアテンプトは開始しているため、スタートホールド以外に触れることは可能と考えら れる。
さらに、ハンドホールドについては、アテンプト開始以後であれば、その保持以前にスタートホールド以外のホールドに触れては いけないという規定は見当たらない。
従って、足のスタートが指定されていなければ、ジャンプ後にフットホールドを蹴ってスタ ートホールドに飛びつくようなムーブが設定可能と言うことになる。 

地ジャンスタートに関しては、ややこしい事が多そうですね。



BloCのルールによると。


2.1 アテンプトは、定められたスターティング・ポジションから選手の身体のあらゆる部位が地面から離れたと きに開始とする。
※スターティング・ポジションとは、定められたスタートホールドを両手(左右異なる場合もある)で保持し、 両足を定められたホールドか壁に置く状態である。




こちらの「状態」をどうとらえるかによると思います。

コンペの種類も増えて色々なジャッジの合否もあるとは思いますが、



「スタートポジションとは、両手をスタートホールドに触れている状態でかつ足がホールド、もしくは壁をついて地面から体が離れている状態をスタートとしてみなす」


足が地面より離れるのと、片手でもスタートホールドより離れるのが同時では上記の「状態」とは認められないですね。




話は少しそれますがIFSCルールによると

7.4.4 採点のために選手が以下のことをおこなうごとにアテンプト1回が加算される。

a) 7.9.3 の規定にしたがいボルダーを登り始めた;
b) スターティング・ホールド以外に手または足で触れた、もしくはチョークをつけた;
c) 「ティックマーク」を追加した。 

つまりアテンプト1回覚悟で、ホールドを触って持ち感を確認するのはOKという事になってしまいますね。





まとめ
「スタートポジションとは、両手をスタートホールドに触れている状態でかつ足がホールド、もしくは壁をついて地面から体が離れている状態をスタートとしてみなす」



ありがちなダメなスタート
1、スタートホールド以外のホールドを使って、スタートポジションに付いてからスタートする事。
2、スタートホールドを両手触れずに、1手目を取りに行く。
3、マットに足がついている状態で1手目を取りに行く。
注※ ホールドをブラッシングなどのクリーニングは手で触っていないために認められます。


グレーなスタート(指示がある場合は認めている事も)
1、地ジャンスタート(こちらは指示や説明がある場合が多くOKとされている場合が殆どです)
両手を触れて、指定フットホールドに乗せていないため、「状態」とは呼べない。
2、ホールドには触れていないが、ウォールを使用してのスタートポジション。



どちらにしても、基本的なスタートとしては両手、マットから離れて。ですがジムや岩場によって変わることも。

コンペなどで疑問に思う事や、グレーだと感じたらジャッジや運営の方に確認してみるといいですね。




上記に関しまして、間違い等がありましたらご指摘いただけると幸いです。

では、

良いクライミングライフを!

ボルダリングスタート



12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ