HOME > ブログ > お知らせ > 【11/26(日)】営業時間変更のお知らせ

ブログ

< ボルダリングの魅力  |  一覧へ戻る  |  告知_ホールドチェンジの実施 >

【11/26(日)】営業時間変更のお知らせ

11/26(日)は、夜の貸切利用に伴い営業時間が変更となります。

通常営業が OPEN 10:00 ~ CLOSE 19:00
となり、閉店時間が早まりますのでご注意ください。


ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

カテゴリ:

< ボルダリングの魅力  |  一覧へ戻る  |  告知_ホールドチェンジの実施 >

同じカテゴリの記事

年末年始営業のご案内 「オールナイト営業」

年末年始の営業のご案内。

毎年行っております「年末オールナイト営業」
今年は拡張致します!


12月28日まで通常営業

12月29日 OPEN12時~ オールナイト営業
12月30日 24時間営業
12月31日 24時間営業
※29日~31日のナイト営業中22時~24時は
 セルフジャッジ式でプチコンペを毎日開催します

1月1日  ~ AM5時でCLOSE 

途中清掃作業が入り、短時間ではございますが一部使用制限が掛かりますがその間も、施設のご利用はいただけます。



2018年 年始営業

1月1日 終日休業
1月2日 
OPEN 13:00~21:00
1月3日 
OPEN 13:00~21:00

以降通常営業
1月4日  OPEN 11:00~

営業時間が通常とは異なりますので、何卒宜しくお願い致します。


尚、料金については12月29日~1月3日は休日扱いとなります。
24時間営業中については
●10時~21時
●21時~翌10時

の時間帯で1日料金の扱いとします。
上記時間帯を跨いで利用する場合は、1日利用料+1000円で利用可能です。
月パスをお持ちの方も21時~翌10時の時間帯はパスの対象外となります。







臨時休業および営業時間変更のお知らせ【12/11(月)・13(水 )】

下記の日程において臨時休業・営業時間の変更がございます

●12/11(月) 終日休業
 通常利用については終日出来ません


●12/13(水) OPEN 12:00~

  OPEN時間が通常より遅めとなります


ご利用に関してご不便をお掛けいたしますが
予めご了承の程よろしくお願い致します。



【12/2(土)】営業時間変更のお知らせ

12/2(土)は、貸切利用に伴い営業時間が変更となります。

通常営業が OPEN 14:00 ~ CLOSE 21:00
となり、OPEN時間が遅くなりますのでご注意ください。


ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

ボルダリングの歴史

ボルダリングとは?
 「ボルダリング」はロッククライミングの一種です。
 ロッククライミングは、歩いて登る登山ではなく、切り立つ岸壁を登ることを意味します。ロッククライミングはさらに、ハーケン、ボルト、ロープなど支点支持具を用いる「エイドクライミング」、それらを用いないか、きわめて補助的にのみ用いる「フリークライミング」に分かれます。
 ボルダリングは、このフリークライミングの一種ということになります。フリークライミングには、落下時の安全対策にロープを用いる(つまり登る動作そのものには使わない)「リードクライミング」や「トップロープクライミング」がありますが、ボルダリングはもともと、それらの練習のためと位置づけられた種目でした。
 ボルダリングでは、通常5メートル以下の低い岩壁を、シューズと滑り止めチョークを用いて登り、ロープは使いません。
 
ロッククライミングの起源
 それでは、ロッククライミングから歴史をたどってみましょう。
 太古より、岩をよじ登った人はたくさんいたでしょうが、現代のものにつながるロッククライミングは1940年代、アメリカのコロラド、ガンクス、ヨセミテではじまりました。
 特にアメリカのカリフォルニア州にあるヨセミテは、氷河が造りだした壮大な渓谷で、その東側には500~1,000メートルほどもある花崗岩の岸壁が連なっており、ロッククライミングには絶好の環境です。そのためロッククライミングの世界的聖地となりました。
 
日本におけるロッククライミング
 日本では、1970年代くらいまでは、国内外の山岳の岩壁を、ハーケンやボルトを打ち込みつつ登る、前述のエイドクライミングが中心でした。しかし、自然の岩をできるだけ傷つけずに、最低限の道具でクライミングすべきだとする風潮が起こり、フリークライミングが少しずつ広がっていきました。
 1958年(昭和33年)に、山と渓谷社からロッククライミング専門誌、『岩と雪』が創刊されます(1995年休刊)。言い換えれば、そのくらいの時期以降になると、ロッククライミングに関心を寄せる人がそれなりにいた、ということです。
 その『岩と雪』が1980年、第72号の表紙に、ある一枚の写真を掲載します。ヨセミテの数ある岩壁の中でも特に有名なMidnight Lightningという大岩を登るJohn Bacherという人物の写真でした。
 短パンをはいただけのジョン・バーカーが、オーバーハング状態の岩壁に、ロープを使わず両手と片足のつま先だけでぶら下がっている姿をとらえたショットで、まるで地球の重力から自由になってふわりと浮いているようにも見えるものでした。
 この写真がもたらしたインパクトは大きく、日本でのボルダリングに対する認知を一気に大きく広げるきっかけになりました。
 
ボルダリングの広がり
 ジョン・バーカーの写真は日本のクライマーたちに刺激を与え、関東では日和田山、鷹取山、三ツ峠、伊豆城山、関西では六甲、京都金毘羅、岡山の王子ヶ岳など、各所の岩壁でフリークライミングルート化が進みました。
 広がっていくフリークライミングの中で、ボルダリングはリードクライミングとならぶ二大潮流のひとつとなっていきます。
 リードクライミングは、クライマー自身が登りながら転落安全対策のロープを確保支点にかけていき、そのロープの反対側の端を地上にいるビレイヤーがしっかり握って確保する、という形の2人1組で行います。
 これに対し、ボルダリングは単独でもでき、アウトドアでは「クラッシュパッド」と呼ばれるクッションを地面に敷くことがありますが、基本的にはシューズと滑り止めチョークだけあれば十分なので、とても手軽に取り組めます。
 この手軽さから、ボルダリングは女性やさまざまな年齢層の人たちにも広く受け容れられていきました。
 
アウトドアからインドアへ
 1980年代後半になると、人工物のグリップポイントを任意の位置に配した人工壁が現れ、ボルダリングはアウトドアからインドアに移り変わっていきました。
 インドアのボルダリングには、天候に左右されないこと、人工グリップポイントは自然のそれよりも安定し安全であること、自由にルートを設定し直せることなど、数々のメリットがあります。そのため、インドアのボルダリングサイトが今や全国に作られています。
 
競技としてのボルダリング
 ルートや難易度をさまざまに設定できる人工壁ボルダリングは、選手間の公平性とゲーム性を容易に確保できますので、まさに競技にうってつけです。日本では、2000年からB-Sessionという年間チャンピオンを選ぶシーズン戦があり、2005年からは年に一度ボルダリング・ジャパンカップが行われています。さらに2008年の大分県国体(国民体育大会)から、山岳競技の一種目としてボルダリングが採用されています。
 
そしてこれから
 すでに述べたように、ボルダリングはたいへん手軽です。そして今や、とても身近なものです。
 未来に向けても、ボルダリングはますます広がっていくことでしょう。
 

 

EVERFREE Climbing Gym、その魅力

ボルダリングとは?
 ボルダリングとは、道具として専用シューズと滑り止めチョークしか用いない、フリークライミングの中でももっともシンプルな種目です。
 複雑なルールもなく、性別・年齢にかかわらず老若男女、どなたでも気軽に、ひとりでもはじめられるエクササイズです。
 複雑なルールはありませんが、課題をクリアするにはストラテジー(戦略性)が必要で、頭と身体をフルに使って頑張り抜いた果てにクリアできたときの達成感・爽快感には比類ないものがあります。
 
どんな運動なの?
 ボルダリングは、体脂肪を燃焼させる有酸素運動の比率は低く、無酸素運動の比率が高い種目といえます。というとダイエット効果が小さいように思われるかもしれませんが、そうではありません。まず、クライミング中のカロリー消費は有酸素運動よりも急速です。また、続けていけば、ふだん使わない箇所まで含む身体全体に、大きな力を出す速筋繊維がついていきます。すると基礎代謝がアップしますので、脂肪がつきにくい、太りにくい体質になります。そういった意味で、中長期的なダイエット効果は有酸素運動と変わりません。
 速筋繊維が鍛えられますので、特に引き締まったがっしり体型を目指すならオススメです。
 
多彩な楽しみ方
 ボルダリングは、基本的にソロスポーツです。ひとりでクライミングウォールに取り組みます。ですから、ほかの多くのスポーツのように対戦相手を必要とすることもなく、自分ひとりのスケジュールで楽しむことができます。
 でも、それだけではありません。友達、仲間と一緒に楽しむことも、もちろんできます。仲間のクライミングを下から見ながら応援したりアドバイスしたり、待機しながら一緒にオブザベーション(クライミングウォールを観察し、コースを検討、確認すること)したり。
 カップルで、女子会で、あるいはファミリーでと、さまざまなコミュニティやグループで、互いに互いをサポートしあいながら楽しめるのもボルダリングの良いところです。
逆に、ジムで同じ時間を共有しつつ登った人と人とが仲間になっていく……なんてことも。これはEVERFREE Climbing Gymの最大の醍醐味と言っていいでしょう。
 
EVERFREEは都内最大級の室内クライミングジム
 EVERFREE Climbing Gymは東京都新宿区に位置し、JR中央・総武線東中野駅、大久保駅、JR山手線新大久保駅、都営大江戸線東中野駅、東京メトロ東西線落合駅から徒歩10分以内と、アクセスの良い立地です。
 店内総面積はおよそ250㎡あり、3~4.2メートルの各種クライミングウォールが6面、用意されています。これは都内では最大級の規模。
 内装はすっきりしたおしゃれなデザイン。貴重品預かりロッカーや、ポットやレンジが利用できる休憩スペースもあります。
 それでいてジムは半地下にありますので、「都会のど真ん中でアナタを鍛える秘密基地」といった雰囲気もあります。
 
長く楽しめる秘訣
 ボルダリングは、「才能よりも努力が報われるスポーツ」といわれます。
EVERFREE Climbing Gymのクライミングウォールは、傾斜やグリップポイントなどが難易度別に考慮され、デザインされています。ですから、上達を実感しながら息長く続けることができます。さらに、2ヶ月に一度のペースでクライミングウォールのリニューアルを行います。決してアナタを飽きさせません。
 
スタッフによる充実のフォロー
 原点は、“人と人とをつなぐこと”――それがEVERFREE Climbing Gymのモットー。
 そんなEVERFREE Climbing Gymは、お一人様の来店も大歓迎します。そして、決して一人にはさせません。
 一緒に考え、一緒に挑戦し、一緒に頑張り、そして達成感を分かちあう。それがEVERFREE Climbing Gymスタッフの信条です。
 当然、スタッフは全員明るくてフレンドリー。クライミングはもちろん、待機時間もオブザベーションも一緒に楽しく行えます。
 
ふとした気まぐれで来店も可能
 そんなスタッフたちが運営するジムですから、ふとした気まぐれ、思いつきで予約なしの来店でもあたたかく対応します。
 営業時間は、平日は11:00~23:30、土日祝日は10:00~21:00とたっぷり。年末年始と施設点検日、特別イベント開催日をのぞき年中無休です。
 利用料金体系にもリーズナブルなオプションがあります。利用時間に応じた利用料金が基本ですが、お得な回数券もあり、開店から18時まで限定の昼割コースもあります。
 また、男女別の更衣室もありますし、シューズやチョークのレンタルにも対応していますので、ほとんど手ぶらのまま来店してもクライミングを楽しめます。
 
フレキシブルな料金体系
 料金体系をもう少しくわしく見ておきましょう。
 まず、どなたでも初回登録料として1,200円必要です。
 
 次にレギュラーの利用料金です。
メンズは通日利用が1,700円、平日18時以降の利用で1,400円、平日22時以降の利用で1,000円となっています。
レディースは入店時刻にかかわらず1,000円、学生も入店時刻にかかわらず800円です。
開店から18時までの時間限定の「昼割」は、どなたでも1,200円。
 
通日6回分をセットしたお得な回数券は、メンズが9,400円、レディースが5,700円です(2ヶ月間有効)。
 頻繁に来られる方には、さらにお得なフリーパス(一か月有効)があります。通日利用可能なフリーパスは、メンズが初回13,000円、レディースが初回10,000円。昼割限定(11~18時)フリーパスは初回6,000円です。
 それぞれ、継続更新が設定されています。1回目の継続更新は、メンズが12,000円、レディースが9,000円、昼割コースが5,500円となっており、2回目以降の継続更新は、それぞれ11,000円、8,000円、5,000円でできるようになります。
 
 EVERFREE Climbing Gymには、このように使い方によってフレキシブルに選べる利用料金設定があります。
 
キッズも楽しく ――スクール
 7歳から12歳くらいまでのキッズのために、スクールも用意されています。スクールでは、体力はもちろんのこと、忍耐力や仲間を思う心も楽しみながら育んでいくことができます。
 キッズスクールは月曜日16:30~18:00、定員10名ほどで、ボルダリングの初歩を学びます。月に4回、90分のレッスンの受講のみ利用も可能ですが、レッスン時間以外も平日18:30までジムを利用できるパスと組み合わせたコースもあります。料金は、レッスンのみが月額6,000円、施設利用パスとのセットだと月額10,500円です。
 
イベントもあります
 2017年11月11日には、EVERFREE Climbing Gymの3周年を記念して、コンペ「Ever Free UNLIMITED 3rd」が開催されました。コンペ向けに特別なルートセットが行われ、総勢100名近くが熱いクライミングを繰り広げました。
 このような特別イベントばかりではなく、ジム内のイベント告知板に掲示される「マンスリー課題」といった定例的なイベントもあります。掲示されるチャレンジ課題どおりのクライミングを達成したら、その旨を記録していく、というものです。
 EVERFREE Climbing Gymが主催するもの以外でも、いろいろな団体・グループがジムを貸し切る形で、コンペや定例会といったイベントを開催することができます。
 
都会のど真ん中でアナタを鍛える秘密基地
 ボルダリングというアクティビティそのものに、まず知力・体力を活用する楽しさがあります。EVERFREE Climbing Gymでは、そのボルダリングを通じて得られる達成感・充実感を最大化するために、フレンドリーなスタッフがきめの細かいサポートを提供しています。
 都会のど真ん中でアナタを鍛える秘密基地で、会社帰りに、カップルのデートに、あるいは女子会で、ポルダリングで汗を流してリフレッシュ。
 あらゆるシチュエーションでボルダリングの楽しさを最大限に感じるためのすべてが、EVERFREE Climbing Gymにはあります。

 
ボルダリングの歴史
 
ボルダリングとは?
 「ボルダリング」はロッククライミングの一種です。
 ロッククライミングは、歩いて登る登山ではなく、切り立つ岸壁を登ることを意味します。ロッククライミングはさらに、ハーケン、ボルト、ロープなど支点支持具を用いる「エイドクライミング」、それらを用いないか、きわめて補助的にのみ用いる「フリークライミング」に分かれます。
 ボルダリングは、このフリークライミングの一種ということになります。フリークライミング

このページのトップへ